gucci bag navi
グッチバックナビ

グッチバックについて

グッチ(GUCCI)

グッチ バックは人気のあるグッチシリーズの中でもかなりの人気を誇るアイテムです。数あるブランドバッグの中でもやはり一番人気はこのグッチ バック
GGマークがポイントのあのセンスはまさに伝説のブランドとなりつつあります。
洗練されたデザインセンスから生まれる『アグレッシブなセクシーさ』、高品質な素材のもつ『伝統的でシンプルな上品さ』を同時に表現しているグッチ バッグが欲しい人のお手伝いが出来るように情報を更新していきます。

グッチトートバック

グッチ トート バック 2007年

今年のグッチ トート バックは一味違う。
あるキーワード調査によるとグッチ トート バックと検索する人が5000人もいるそうです。他のバック ブランドに比べるとグッチ トート バックと検索する人はかなり多いようです。グッチ トート バック大人気ですね。
そもそもトートバックとは《toteは、運ぶ、携帯する、の意》丈夫なキャンバス生地で作られ、下部が別色の生地で切り替えられた実用的な台形のバック。色とりどりの軽いナイロン地で作ったものもあり、実用バックとして人気を呼んでいる。元来はアメリカの L.L.Bean 社が開発した氷運搬用のバックです。つまり丈夫で台形の実用的なバックのこと。
そんな意味でもグッチ トート バックはばっちりです。素材もいいものを使っているからすごく丈夫です。今までのグッチ トート バックというと定番のGG柄でシンプルなデザインが多かったのですが、ここ最近のデザインは斬新なものが多いです。雑誌などでもグッチ トート バックが特集されるほどです。
他のブランドも今年は色々斬新なデザインが数々発表されていますけど、グッチ トート バックは一味違う感じです。注目です。

グッチバックについて

グッチバックのアメリカサイトのでのアウトレット品

グッチ バックのアメリカサイトでのアウトレット品の興味深いやり取りがweb上でありましたので紹介します。
届いたグッチのバックなどの商品が品質の悪いものなら参考になります。

ここから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
質問
こんばんは。
先日アメリカのサイトでグッチ バックを買いました。
そこのサイトには「新品本物ですが、あまり品質が良くないもの(いわゆるアウトレット品?)を扱う再販業者です。」みたいなことが書いてありました。(英語で)
で、今日実物が届いたのですが、確かに縫製等あまりよろしくありません。
表側は問題ないのですが、内側の皮部分には汚れもあるし。(白なので目立つ)値段的にアウトレットなのは問題ないのですが、そもそもグッチのアウトレット品ってこんなもんなのかなーという疑問が・・・もしかして偽物?とも思ったり。
直営店に持って行って聞いてみるのが一番なんですけどね・・・
どなたかグッチのアウトレット品を持ってる方で、品質の程度をご存知の方、自分のはこんなんだったとか教えていただければ幸いです。宜しくお願いしますm(__)m


回答
基本的に、不良品をアウトレットで販売することはありません。
日本でもアウトレット商品を販売していますが、前のシーズン品など、商品としては全く問題ないものです。
グッチに関しては、縫製が粗いところもありますし、店頭にディスプレイしてあったものがアウトレットに出ることがあるので、汚れがついてしまっていたのかもしれません。直営店では真贋を教えてくれませんが、修理に出して受け付けてくれるようなら本物です。
バッグの修理なら\2,000ぐらいからあると思いますので、どうしてもご心配なら壊して持って行ってみてはいかがでしょうか。

↑↑↑↑
ここまで

かなりやっつけな回答ではありますが、確かにアウトレットでもそこまで質の悪いものは販売することはありません。
品質について心配なら一度グッチ バック正規のショップに持っていって状態を見ていただくことをお勧めします。

グッチバックについて

グッチ バック オークションのおまけでの話

オークションでグッチ バックを買ったときのちょっと笑える事例をWEB上で発見したので紹介します。
落札したら「おまけ」をつけますというグッチのバックに限らずオークション特有の「おまけ」に関してのちょっと笑える質問を照会します。
オークションを検討されているかたに参考になればうれしく思います。

引用ここから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
質問
先日グッチ ハンドバックを落札しました。
オークションの説明文に「他グッチのおまけ付きです!」と書かれていたので、
あまり期待しない気持ち半分、けどちょっとは期待して待っていました。
そしたら、送られて来たのが、グッチ裕三のブロマイドだったんです。。。
確かにハンドバックはしっかりした物ですし、おまけは期待してなかったとは言え、
これは・・・どうなんでしょう。あまりにも情けなくて怒る気力も起きませんでした。
あくまで、おまけですから、詐欺ではないですよね。確かにグッチだし。。。

回答
ユーモア溢れる出品者さんじゃないですか。
私はグッチ裕三好きなので、マプロマイド欲しいくらいです。
バッグがしっかりした物ということで、あなたが満足されていらっしゃるなら良いではないですか。
最近、詐欺だの規約違反だのといい加減な出品者の質問ばかりだったので、久しぶりにほのぼのとしたいいお話を聞かせてもらいました。評価で「ダブルグッチありがとうございます。感激です」なんて送ってみては?
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
引用ここまで

確かに悪質な出品者じゃなかったのでよかったですね。たまにいいおまけもあったりしますので、おまけに惹かれるのなら出品者に質問するのもひとつの手ですね。相手も人ですのできっと親切な回答をしてくれると思います。

グッチバックについて

グッチ バックをオークションで買うときの注意

オークションでグッチ バックを購入を検討されているかたに参考にしていただきたい事例を発見したので紹介します。

引用ここから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
質問
申し訳ないですが、全くのオークション初心者です。オークションでブランドものグッチ バックを買いたいと思ったのですが、気をつけることはなんでしょうか?偽物も本物と言って売っているのはよくあることですか?写真と現物が違っていたり・・・など。買う上での知恵などや気をつけることがあったら教えてもらえませんか?

回答
「偽物・コピー」と説明記載ないです。スタート価格が安値な物は暗黙の了解で理解しろという事です。
「海外で購入・購入先不明・貰い物・海外からの発送・等」となっている物は偽物を疑った方が◎。
写真だけ本物の場合もあるし、値段的に本物だと思えても、実際に送られてくる物は偽物という事もあり。
オークションでブランド物を買うのはお薦めしません。商標を取得しているのを公示して出品している店(○○県公認番号○○○等)、店としてヤフーに登録して出品している件、この様な場合は安心しても良いかもしれませんが確認は必ず忘れずに。
例えば電話、実在している住所か?等。そして評価数を確認。すぐに捨てても惜しくない少ない評価の場合は危険。
詐欺被害は非常に多いらしく、被害に遇って警察へ届け出ても受理してもらえない事もあるそうです。
自業自得として泣き寝入りは悔しいので、きちんと目で見て確かめられる場所での購入がいいと思いますよ。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
引用ここまで

オークションでグッチ バックを買うのは用心したほうがいいという例を紹介しました。ほかの意見としてオークションでなかなか本物を買うことは難しいという意見もよく見かけます。注意してオークションを利用しましょう。

グッチバックについて

グッチ バックの珍事件

グッチ バックについてのおもしろいニュースがあってそれに関しておもしろいやり取りを発見したので紹介します。
引用ここから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
たかがバック、されどバック(バックは、女の命?)/31日香港。**飛行機から強制退去させられた女性客、問題は、グッチのバックだった。(グッチのハンドバックを、座席の下か頭上のキャビンにしまうことを拒否したため、警官出動で、強制退去)**** 髪は女の命・・バックも、女の命ですかね?

コメント
グッチ バックに限らずですが、そういうブランド物が自分の価値と同じだというような錯覚を持ってる方がいらっしゃるようですね。
ブランド物のバックを持ってるからエライとか。男の人だと高級車を乗ってるからエライとか。そういう高価な物を持ってるだけで、自分の人格が素晴らしい物になるというような誤解を抱いているのでしょうか。もしかしたら、自分の価値をそういう物でしか見出せない人のような気がします。今回のような非常識な態度をとるのは女性に限ったことではないでしょう。少し前にも乗務員の指示に従わなかった男性が降ろされて、離陸が遅れた事件もあったはずです。まぁ、今回の女性に関してはおかしいとしか言いようがないですね。
よほど大事な物が入っていたのか…。あるいは単にそれこそ女性特有の理屈じゃなくて「イヤったらイヤ!」なんていう、レベルの低い言い争いで、引っ込みが付かなかったのかなぁなんて思ったりもします。ともかく恥ずかしい話ですね。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
引用ここまで

グッチ バックやブランド物を持つには少なからずそれにふさわしい人間になってもらいたいものですね。グッチのバックはものがいいからながく使えるしデザインもしっかりしていていいものが多いのでお勧めですが見栄だけでもってしまうとかっこ悪い人になりそうですね。そんなニュースでした。

グッチバックについて

グッチバックが安く買える国は?

グッチなどのブランド品(バック、財布類)は、どこの国が一番安く買えるのだろうか。
大体、そのブランドの国のものはその国で安く帰るらしいですね。グッチバックならイタリア、ヴィトンならフランス、などです。コーチやティファニーはアメリカだと日本で買うのがばからしくなるほど安く買えます。ヴィトンはフランスでも結構高いみたいですけどね。直営店でしか販売されていなので世界中でほとんど統一されているみたいです。
並行品輸入は本物が多いですが、売れ残りなどのアウトレット品が殆どらしいです。あと空港の免税店であれば、日本より安いです。
しかし、その国にわざわざ買いに行くためだけなら、飛行機代&旅費等を考えると、日本で正規店で買うのが一番かも知れません。
イタリアにいくならグッチバックを買っちゃいましょう。

グッチバックについて

そのグッチのバックは本物!?

買おうとしているそのグッチ バックは本物ですか??偽者でも安かったらいいって人には参考にならないお話(笑)
通販ってとっても便利でお得!
種類も豊富に探す事もできるし、価格もどーんと安かったりする。


でもその商品(グッチのバック)は本物ですか?!
並行輸入だったり、正規代理店だったり、ネットショップも偽者と知らずに売っている場合もあったりして!?
だまされないように注意が必要ですよっ!

グッチ バックに限らずネットのショップは値段が比較されやすので安く売ることも大事なんですが、ブランドものに関してはネットショップでもある程度信用が必要だと思います。クレームが広がったら商売にならないので…。大きいサイトを作るのは結構時間かかりますからね。

なので商品数がたくさんあって、かなりの期間運営しているサイトだと安心ですが、ぱっと出てブランド品をかなり安く売ってるところは信用ないと思います。

あと、売るのにそこまで信用のいらないネットオークションは海外から仕入れた偽者のブランド物を売ってるところが多いみたいですよ。ショップを持ってるわけじゃないじゃないので信用がそんなにいらないんです。

ネットで買うときって価格だけにこだわって安いものを求める傾向があるんですがショップまたは売り手の信用も求めるとよりいい買い物が出来ますよ。

グッチの歴史

グッチの年表

グッチの年表

1881年   グッチオ・グッチ誕生
1921年  フィレンツェに、革製品店を創業
1938年  ローマに新店舗オープン
1947年  グッチバンブー(ハンドル)バック発表
1950年  ウェビング・バッグやメタルビットモカシンなどが発表される
1953年  グッチオ・グッチ死去
     ニューヨーク店オープン
1961年  イタリア以外ではヨーロッパ初となるロンドン店がオープン
1972年  東京に出店
1980年  深刻な経営難に陥る
1989年  ドーン=メロー、クリエイティブ・ディレクターに就任
1990年  トム・フォード入社
1994年  トム・フォード、クリエイティブ・ディレクターに就任
2000年  イブ・サンローランを買収
2005年  フリーダ・ジャンニーニ、クリエイティブ・ディレクターに就任

2006年  メンズウェアのデザイナー、ジョン・レイが辞任。
     フリーダー・ジャンニーニがメンズウェアも手がけ始める



言わずと知れた世界最高峰のブランド『GUCCI=グッチ』。

洗練されたデザインセンスから生まれる『アグレッシブなセクシーさ』と、高品質な素材のもつ『伝統的でシンプルな上品さ』を同時に表現するのがグッチの最大の魅力です。
 特に1994年から天才デザイナー『トム=フォード』がデザインを担当するようになってからは、常に世界的な大人気ブランドとして知られていますが、そのブランドの歴史は非常に波乱万障でドラマティックです。
 『知れば知る程大好きになる』、そんな不思議な魅力と歴史を持った最高のブランドの一つです。

グッチバックナビ

グッチの歴史

グッチの歴史1(創業)

グッチの歴史〜創業〜

言わずと知れた世界最高峰のブランド『GUCCI』。

洗練されたデザインセンスから生まれる『アグレッシブなセクシーさ』と、高品質な素材のもつ『伝統的でシンプルな上品さ』を同時に表現するのが最大の魅力のグッチですが。
 グッチが生まれたのは1921年。創業者はグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)です。 
 グッチオ・グッチ(Guccio Gucci)は1881年、イタリアのフィレンツェに生まれました。
 少年時代のグッチオはイギリス・ロンドンで一旗揚げようと決心し、蒸気船の期間助手として働きながらロンドンに辿りつく。
 ロンドンでは最下級の労働者としてではあったが、、最高級ホテルの「サボイ・ホテル」に職を得る。
 やがて、グッチオはサボイ・ホテルの皿洗いから一階のウェイターに出世する。
 それでも低賃金ではあったが、王侯貴族御用達ホテルであったのでチップには不自由しなかった。
 更に、王侯貴族の立ち居振る舞いを間近で見る事で、持ち物や物の考え方などを学ぶ事が出来たのはチップ以上の価値があった事であろう。
 その事からグッチオが学んだ事は、「原価は何も意味を持たない。むしろ商品の値段が高ければ高いほどそれを所有する事の価値も高くなる」と言う事である。それらは後のブランドビジネスに大いに活かされる事となる。
 帰国後はいくつかの商店で働き、第一次世界大戦の始まりとともに徴兵される。
 大戦後の19年に故郷に戻り、高級レザーグッズの店である「フランツィ」に職を得て皮革の扱い方を習得する。
 そして、1921年彼が40歳のとき、地元フィレンツェのヴィーニャ・ヌォーヴァ通りに旅行鞄や馬具を取り扱う皮革製品店を創業。その時グッチが主に扱ったのはイギリスから輸入した鞄とその修理。
グッチバックナビ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。